おとな【大人】🔗🔉

おとな大人】 ①十分に成長した人。(元服または裳着もぎが済み)一人前になった人。成人。源氏物語桐壺「―になり給ひて後は、…御簾みすの内にも入れ給はず」。「体だけは―なみだ」↔子供。 ②考え方・態度が老成しているさま。分別のあるさま。源氏物語若紫「そもそも女は人にもてなされて―にもなり給ふものなれば」。「あの青年はなかなか―だ」 ③女房などの頭かしらに立つ人。更級日記「我はいと若人にあるべきにもあらず、また―にせらるべきおぼえもなく」 ④子供がだだをこねたりせず、おとなしいさま。「いい子だから―になさい」 ⑤痘瘡の異称。〈日葡辞書〉 ⇒おとな‐がい【大人買い】 ⇒おとな‐ごころ【大人心】 ⇒おとな‐ごと【大人事】 ⇒おとな‐っぽ・い【大人っぽい】 ⇒おとな‐なみ【大人並】 ⇒おとな‐やく【大人役】

おと‐ないオトナヒ🔗🔉

おと‐ないオトナヒ ①音がすること。ひびき。音。源氏物語夕顔「めざましき―とのみ聞き給ふ」 ②耳に感ずるけはい。様子。更級日記「梅壺の女御ののぼらせ給ふなる―」 ③評判。増鏡「世の―きこしめす入道宮」 ④おとずれること。訪問。新勅撰和歌集「梅壺女御まうのぼり侍りける―を、よそに聞き侍りて」 ⇒おとない‐びと【おとなひ人】

おとない‐びと【おとなひ人】オトナヒ‥🔗🔉

おとない‐びとおとなひ人オトナヒ‥ 訪問客。貫之集「―の馬よりおりて」 ⇒おと‐ない

おと‐な・うオトナフ🔗🔉

おと‐な・うオトナフ 〔自五〕 ①音を立てる。ひびく。神代紀「夜は熛火ほほの若もころに喧響おとなひ」 ②訪問する。おとずれる。源氏物語宿木「―・はず侍るめり」 ③手紙を出す。音信する。源氏物語「かき絶え―・ひ聞えざらんも」

広辞苑 ページ 2889