複数辞典一括検索+

おとと‐い【弟兄】🔗🔉

おとと‐い弟兄】 (オトトエの転)兄弟。また、姉妹。平家物語1「祇王・祇女とて―あり」 ⇒おと‐と【弟】

おと‐と‐い【一昨日】ヲトトヒ🔗🔉

おと‐と‐い一昨日ヲトトヒ (ヲチツヒ(遠つ日)の転という)昨日の前の日。おとつい。いっさくじつ。 ⇒一昨日来い

○一昨日来いおとといこい🔗🔉

○一昨日来いおとといこい 二度と来るなの意で、ののしり追い返す時にいう。おとといおいで。 ⇒おと‐と‐い【一昨日】

おとと‐え【弟兄】🔗🔉

おとと‐え弟兄】 きょうだい。はらから。 ⇒おと‐と【弟】

おとど‐がね【大臣がね】🔗🔉

おとど‐がね大臣がね】 近く大臣に予定されている人。大臣候補者。栄華物語本雫「今日・明日の―にておはするが」 ⇒おとど【大殿・大臣】

おと‐とし【一昨年】ヲト‥🔗🔉

おと‐とし一昨年ヲト‥ (ヲチトシ(遠年)の転という)昨年の前の年。前々年。

おとど‐まち【大殿町】🔗🔉

おとど‐まち大殿町】 貴人の邸宅の建ち並んだ一画。宇津保物語藤原君「それは―なれば板屋なく」 ⇒おとど【大殿・大臣】

おとと‐むすめ【弟娘】🔗🔉

おとと‐むすめ弟娘(→)「おとうとむすめ」に同じ。続詞花和歌集「―の十一二ばかりなるが」 ⇒おと‐と【弟】

おとど‐や【大殿屋】🔗🔉

おとど‐や大殿屋】 5月の騎射の時、左近衛・右近衛の馬場で、次将の着座する所。 ⇒おとど【大殿・大臣】

広辞苑 ページ 2888