複数辞典一括検索+

おおせ‐いだ・す【仰せ出す】オホセ‥🔗🔉

おおせ‐いだ・す仰せ出すオホセ‥ 〔他五〕 仰せになる。命令を発せられる。

おおせ‐いで【仰せ出で】オホセ‥🔗🔉

おおせ‐いで仰せ出でオホセ‥ 仰せ出されたこと。おさしず。御沙汰。 ⇒おおせ【仰せ】

○大勢に手なしおおぜいにてなし🔗🔉

○大勢に手なしおおぜいにてなし 大勢を相手にしては手段の施しようがない。 ⇒おお‐ぜい【大勢】

おおせ‐がき【仰書】オホセ‥🔗🔉

おおせ‐がき仰書オホセ‥ ①貴人の仰せの旨を書くこと。また、その文書。おおせぶみ。 ②主人に仕える書記。〈日葡辞書〉 ⇒おおせ【仰せ】

おおせ‐かた【負方・課方】オホセ‥🔗🔉

おおせ‐かた負方・課方オホセ‥ 貸方。貸主。債権者。日本永代蔵3「―八十六人、毎日勘定に出合ひ」

おお‐ぜき【大関】オホ‥🔗🔉

おお‐ぜき大関オホ‥ ①要路にある大きな関。逢坂おうさかを経て京に入る道をいう。↔小関。 ②相撲の番付の最上位。また、その力士。本来は称号であった「横綱」が地位として考えられるようになって、現在は横綱に次ぐ地位とされる。 ③仲間の中でも最もすぐれたもの。

おおせ‐ごと【仰せ言】オホセ‥🔗🔉

おおせ‐ごと仰せ言オホセ‥ 仰せのことば。法華義疏長保点「則ち仏の前の命オホセコトに従ふなり」 ⇒おおせ【仰せ】

おお‐せたい【大世帯】オホ‥🔗🔉

おお‐せたい大世帯オホ‥ (→)大所帯おおじょたい2に同じ。

おおせ‐つか・る【仰せ付かる】オホセ‥🔗🔉

おおせ‐つか・る仰せ付かるオホセ‥ 〔他五〕 御命令を受ける。「仲人の大役を―・る」

おおせ‐つかわ・す【仰せ遣はす】オホセツカハス🔗🔉

おおせ‐つかわ・す仰せ遣はすオホセツカハス 〔他四〕 上の者が下の者に言いやる。源氏物語須磨「京の家司のもとに―・して」

おお‐せっき【大節季】オホ‥🔗🔉

おお‐せっき大節季オホ‥ (オオゼッキとも)一年のおわり。年末。おおみそか。西鶴織留1「―の夜に入り、さもいそがしき中にて」

おおせ‐つ・ける【仰せ付ける】オホセ‥🔗🔉

おおせ‐つ・ける仰せ付けるオホセ‥ 〔他下一〕[文]おほせつ・く(下二) 上の者が下の者に言いつける。お言いつけになる。保元物語「六条判官、并に子共尋ねまゐらすべきよし、播磨守に―・けらる」。「何なりと―・け下さい」

広辞苑 ページ 2563