複数辞典一括検索+

おおすみ‐はんとう【大隅半島】オホ‥タウ🔗🔉

おおすみ‐はんとう大隅半島オホ‥タウ 鹿児島県南東部に突出する半島。薩摩半島と相対して鹿児島湾を抱く。北部には白砂しらす台地がひろがり、南部は山地で、ソテツ・ビロウなどが自生。 ⇒おおすみ【大隅】

おお‐ずもう【大相撲】オホズマフ🔗🔉

おお‐ずもう大相撲オホズマフ ①一流の力士。大きな力士。 ②盛大な相撲の興行。特に、日本相撲協会によって行われる相撲興行。 ③力のこもった、見ごたえのある相撲の取組。

おお‐ずり【大刷】オホ‥🔗🔉

おお‐ずり大刷オホ‥ 印刷で、大組おおぐみの校正刷。

おお‐すりあげ【大摺上・大磨上】オホ‥🔗🔉

おお‐すりあげ大摺上・大磨上オホ‥ 刀剣で、銘が残らない程に茎なかご先を大きく切り落とすこと。また、その刀剣。

おおせ【大瀬】オホ‥🔗🔉

おおせ大瀬オホ‥ オオセ科の海産の軟骨魚。全長1メートル。体の後半に背びれが二つあり、口の周りに複数の短いひげ状の皮弁がある。卵胎生。本州南部から南シナ海、フィリピンの浅海域に生息。食用。

おおせ【仰せ】オホセ🔗🔉

おおせ仰せオホセ ①目上の人の言いつけ。御命令。「―の通り」 ②おことば。「有難い―をいただく」 ⇒おおせ‐いで【仰せ出で】 ⇒おおせ‐がき【仰書】 ⇒おおせ‐ごと【仰せ言】 ⇒おおせ‐ぶみ【仰文】

おおせ‐あ・ぐ【仰せ上ぐ】オホセ‥🔗🔉

おおせ‐あ・ぐ仰せ上ぐオホセ‥ 〔自下二〕 「申し上げる」の尊敬語。お申し上げになる。狂言、鴈雁金「上へは…よろしう―・げられて下されませい」

おおせ‐あわ・す【仰せ合す】オホセアハス🔗🔉

おおせ‐あわ・す仰せ合すオホセアハス 〔他下二〕 (四段にも活用)相談なさる。保元物語(金刀比羅本)「三浦介義明、畠山庄司重能、小山田別当有重なんどを召寄せて―・せられ」

広辞苑 ページ 2562