複数辞典一括検索+

ブランキスム【Blanquisme フランス】🔗🔉

ブランキスムBlanquisme フランス】 大衆を組織せず、少数精鋭の武装蜂起によって政権を掌握しようとする思想傾向。フランスの七月革命・二月革命・パリ‐コミューンに参加したブランキ(L. A. Blanqui1805〜1881)が主唱。

フランク【frank】🔗🔉

フランクfrank】 ざっくばらんなさま。率直。「―に話し合う」

フランク【César-Auguste Franck】🔗🔉

フランクCésar-Auguste Franck】 フランスの作曲家・オルガン奏者。ベルギー生れ。バッハ・ベートーヴェン・ワグナーなどのドイツ音楽に傾倒し、深い精神性をもった音楽を創造。「交響曲ニ短調」など。(1822〜1890)

フランク【Frank】🔗🔉

フランクFrank】 ゲルマンの部族。民族大移動の頃、今のフランス北部・ベルギーに勢力を持ち、5世紀末フランク王国を建て、6世紀初頭にはガリア一円を統治。のち、さらに東に領土を拡張し、800年に西ローマ帝国と称したが、9世紀に三分割されて独・仏・伊3国の起源をなした。→西ローマ帝国

ブランク【blank】🔗🔉

ブランクblank】 ①無記入。余白。空白。 ②仕事などから一時離れている期間。空白期。「2年の―を克服する」

プランク【Max Planck】🔗🔉

プランクMax Planck】 ドイツの理論物理学者。熱放射の理論的研究を行い、量子力学への道を拓いた。ノーベル賞。(1858〜1947) ⇒プランク‐ていすう【プランク定数】 ⇒プランク‐の‐りょうしかせつ【プランクの量子仮説】

ブランクーシ【Constantin Brancusi】🔗🔉

ブランクーシConstantin Brancusi】 ルーマニアの彫刻家。フランスに定住。抽象彫刻の代表者。(1876〜1957)

プランク‐ていすう【プランク定数】🔗🔉

プランク‐ていすうプランク定数】 量子力学に現れる基礎定数の一つ。20世紀初頭、プランクが導入。その大きさは6.62607×10−34ジュール秒。記号 また、プランク定数を円周率の2倍で割ったもの(記号H)をディラック定数という。 ⇒プランク【Max Planck】

広辞苑 ページ 17414