複数辞典一括検索+

いわみ‐ぎん【石見銀】イハミ‥🔗🔉

いわみ‐ぎん石見銀イハミ‥ 石見銀山で運上銀として鋳造した形・目方とも不同の灰吹銀はいふきぎん⇒いわみ【石見】

いわみ‐ぎんざん【石見銀山】イハミ‥🔗🔉

いわみ‐ぎんざん石見銀山イハミ‥ ①島根県大田市大森にあった銀山。16〜17世紀に大量産出。江戸幕府直轄地だったが、幕末にはその寿命を終えた。現在は世界遺産。大森銀山。 石見銀山 提供:NHK 石見銀山 提供:NHK ②島根県津和野の笹ケ谷ささがたに鉱山(石見銀山領)産出の砒石ひせきで製した殺鼠剤。浮世風呂4「かね金山もすさまじい。―鼠とり薬でも食つたらう」 ⇒いわみ【石見】

いわみざわ【岩見沢】イハ‥ザハ🔗🔉

いわみざわ岩見沢イハ‥ザハ 北海道西部、石狩平野東部の市。交通・商業の中心地。空知支庁所在地。人口9万4千。

いわみ‐じゅうたろう【岩見重太郎】イハ‥ヂユウ‥ラウ🔗🔉

いわみ‐じゅうたろう岩見重太郎イハ‥ヂユウ‥ラウ 伝説的豪傑。筑前小早川家の臣で、諸国を周遊して勇名を挙げ、天橋立で父のかたき広瀬軍蔵らを討ち、豊臣秀吉に仕えて薄田隼人すすきだはやととなったという。 ⇒いわみ【岩見】

いわ‐みず【岩水】イハミヅ🔗🔉

いわ‐みず岩水イハミヅ 岩間から流れ出る水。

いわ・む【聚む】イハム🔗🔉

いわ・む聚むイハム 〔自四〕 多く集まる。集まり満ちる。推古紀(岩崎本)平安中期点「進みて嶋郡に屯イハミ

いわ‐むし【岩虫】イハ‥🔗🔉

いわ‐むし岩虫イハ‥ イソメ科の多毛類。各地の海岸の、軟らかい岩石に穴を掘ってすむ。体長約30センチメートル。前部は円筒形、後部は次第に扁平になる。体は赤褐色。釣餌にする。イワイソメ。

いわむら【岩村】イハ‥🔗🔉

いわむら岩村イハ‥ 姓氏の一つ。 ⇒いわむら‐とおる【岩村透】

いわ‐むら【岩群】イハ‥🔗🔉

いわ‐むら岩群イハ‥ 数多くの岩石がむらがったもの。神代紀「五百箇磐石いおついわむらとなる」

いわむら‐とおる【岩村透】イハ‥トホル🔗🔉

いわむら‐とおる岩村透イハ‥トホル 美術史家・美術批評家。東京生れ。白馬会の創立に参加。東京美術学校教授。日本の西洋美術発展に尽力。著「芸苑雑稿」など。(1870〜1917) ⇒いわむら【岩村】

広辞苑 ページ 1529