複数辞典一括検索+

いわぶち【岩淵】イハ‥🔗🔉

いわぶち岩淵イハ‥ 姓氏の一つ。 ⇒いわぶち‐えつたろう【岩淵悦太郎】

いわぶち‐えつたろう【岩淵悦太郎】イハ‥ラウ🔗🔉

いわぶち‐えつたろう岩淵悦太郎イハ‥ラウ 国語学者。福島県生れ。東大卒。国立国語研究所所長。著「国語史論集」。(1905〜1978) ⇒いわぶち【岩淵】

いわ‐ふね【岩船】イハ‥🔗🔉

いわ‐ふね岩船イハ‥ 岩のように堅固な、天空を行くという船。万葉集3「天の探女さぐめが―の泊てし高津は」

いわふね‐の‐き【磐舟柵】イハ‥🔗🔉

いわふね‐の‐き磐舟柵イハ‥ 648年(大化4)蝦夷に備えて置かれた城柵。渟足柵ぬたりのきとともに大和政権の北進根拠地。遺称地は新潟県村上市岩船にある。

いわ‐ぶろ【岩風呂】イハ‥🔗🔉

いわ‐ぶろ岩風呂イハ‥ 岩の間のくぼみを利用した温泉。また、周囲に岩を配した風呂。

いわ‐ま【岩間】イハ‥🔗🔉

いわ‐ま岩間イハ‥ 岩と岩との間。伊勢物語「―より生ふるみるめしつれなくは」

いわまく【言はまく】イハ‥🔗🔉

いわまく言はまくイハ‥ (言ハムのク語法)口に出して言うこと。万葉集2「かけまくもゆゆしきかも―もあやに畏き」

いわ‐まくら【岩枕】イハ‥🔗🔉

いわ‐まくら岩枕イハ‥ 石を枕として旅寝すること。また、その石(岩)。万葉集13「明日香の川の…―苔むすまでに」。新拾遺和歌集「臥しなれぬ浜松が根の―」

いわまし‐ごと【言はまし事】イハマシ‥🔗🔉

いわまし‐ごと言はまし事イハマシ‥ (マシは願望の助動詞)もし言えるなら言いたいと思う事。源氏物語夕顔「生けるかひなきや、誰が―にか」

いわ‐まつ【岩松】イハ‥🔗🔉

いわ‐まつ岩松イハ‥ イワヒバの別称。

いわま‐でら【岩間寺】イハ‥🔗🔉

いわま‐でら岩間寺イハ‥ 大津市石山にある真言宗の寺。醍醐寺の末寺。西国三十三所第12番の札所。722年(養老6)泰澄の開創という。江戸時代に衰微し、今は観音堂を残すのみ。正法寺。

いわみ【石見】イハミ🔗🔉

いわみ石見イハミ 旧国名。今の島根県の西部。石州。 ⇒いわみ‐ぎん【石見銀】 ⇒いわみ‐ぎんざん【石見銀山】

広辞苑 ページ 1528