複数辞典一括検索+

ねずり‐の‐いろ【根摺の色】🔗🔉

ねずり‐の‐いろ根摺の色】 根摺で染めた色、すなわち紫色。夫木和歌抄6「まつも―やわくらむ」 ⇒ね‐ずり【根摺】

ねずり‐の‐ころも【根摺の衣】🔗🔉

ねずり‐の‐ころも根摺の衣】 根摺にした衣服。紫色の衣服。古今和歌集「紫の―色に出づなゆめ」 ⇒ね‐ずり【根摺】

ね‐す・る【根摺る】🔗🔉

ね‐す・る根摺る】 〔他四〕 あてこする。あてつける。浄瑠璃、曾根崎「使ひすてたの、げしいたのと、―・らるるを苦にしてか」

ねず・る【舐る】🔗🔉

ねず・る舐る】 〔他四〕 ①ねぶる。なめる。東海道中膝栗毛7「尻―・りくされ」 ②なする。なすりつける。懐硯「咎を我に―・りて」

ね‐すん【値寸】🔗🔉

ね‐すん値寸】 値段と寸法。醒睡笑「脇差を持ちきたりて売らんといふに、この―はいかほどぞとありしに」

ねせ‐もの【寝物】🔗🔉

ねせ‐もの寝物(→)「ねかしもの」に同じ。

ね‐ぜり【根芹】🔗🔉

ね‐ぜり根芹】 セリの異称。根を食用とするからいう。〈[季]春〉。曾丹集「―摘む春の沢田におり立ちて」

ね・せる【寝せる】🔗🔉

ね・せる寝せる】 〔他下一〕[文]ね・す(下二) 寝るようにする。ねかす。

ねそ🔗🔉

ねそ (近世上方方言)おもくるしく気のきかない人。浄瑠璃、猿丸太夫鹿巻毫「大宮司の―殿が」

ねそ🔗🔉

ねそ (「捻苧」か)刈柴を結い束ねる材料。筏いかだを組むのにも用いる。鉤樟くろもじ・まんさくの皮、藤蔓などを捩じったもの。ねっそ。捻柴ねじりしば

ね‐ぞう【寝相】‥ザウ🔗🔉

ね‐ぞう寝相‥ザウ 寝ている時の格好。ねざま。ねずまい。「―が悪い」

ね‐ぞう【年星・年三】‥ザウ🔗🔉

ね‐ぞう年星・年三‥ザウ (ネンザウのンを表記しない形)陰陽道おんようどうで、その人の属星ぞくしょうを祭ること。「としのほし」とも。また、年に3回、正月・5月・9月に仏事を行なって斎戒すること。源氏物語玉鬘「世をいとうきものにおぼして、―などし給ふ」

広辞苑 ページ 15237