複数辞典一括検索+

だいの‐おとこ【大の男】‥ヲトコ🔗🔉

だいの‐おとこ大の男‥ヲトコ 一人前の男のことを強調していう語。「―が泣くんじゃない」 ⇒だい‐の【大の】

○鯛の尾より鰯の頭たいのおよりいわしのかしら🔗🔉

○鯛の尾より鰯の頭たいのおよりいわしのかしら 大きい団体で人のしりにつき従うよりも、小さい団体でもその長となれの意。「鶏口けいこうとなるも牛後となるなかれ」と同趣旨。 ⇒たい【鯛】

たい‐の‐かた【対の方】🔗🔉

たい‐の‐かた対の方】 対屋たいのやに住む人。対の上。対の君。源氏物語若菜下「―の煩ひける頃は」

だい‐の‐こ【大の子】🔗🔉

だい‐の‐こ大の子】 小正月の祝木いわいぎ。削り掛けの一種。東海地方で豊産のまじないに用いる。「だいのほこ」と呼ぶ地方もある。

だい‐の‐じ【大の字】🔗🔉

だい‐の‐じ大の字】 ①漢字の「大」という字。また、その形に似たもの。特に、人が手足をひろげて上向きに寝転んだ姿。 ②「大文字だいもんじの火」のこと。

だい‐の‐つき【大の月】🔗🔉

だい‐の‐つき大の月】 太陽暦で31日、太陰暦で30日の日数のある月。太陽暦では、1月・3月・5月・7月・8月・10月・12月。↔小の月

だい‐の‐ほこ【大の矛】🔗🔉

だい‐の‐ほこ大の矛(→)「大の子」に同じ。

たい‐の‐みそず【鯛の味噌吸】タヒ‥🔗🔉

たい‐の‐みそず鯛の味噌吸タヒ‥ 鯛の味噌吸物。下に「四方よものあか」(酒の銘柄)と続けて明和・安永(1764〜1781)頃に盛んに用いた語。鯛の味噌津「めつたにうりたい、はなしたい。―に四方山の、はなしにひれはなけれども」

たいのむこ‐げんぱち【鯛の婿源八】タヒ‥🔗🔉

たいのむこ‐げんぱち鯛の婿源八タヒ‥ マツカサウオの異称。

○大の虫を生かして小の虫を殺すだいのむしをいかしてしょうのむしをころす🔗🔉

○大の虫を生かして小の虫を殺すだいのむしをいかしてしょうのむしをころす やむを得ない時には、大きいものを救うために小さいものを犠牲にする。小の虫を殺して大の虫を助ける。「大を生かして小を殺す」とも。 ⇒だい【大】

広辞苑 ページ 11906