複数辞典一括検索+

いちじ‐さんらい【一字三礼】🔗🔉

いちじ‐さんらい一字三礼】 経文を書写するとき、一字書くごとに三度礼拝すること。 ⇒いち‐じ【一字】

いちじ‐しのぎ【一時凌ぎ】🔗🔉

いちじ‐しのぎ一時凌ぎ】 その場の苦境を仮に切り抜けること。その場の間に合せ。 ⇒いち‐じ【一時】

いちじ‐じょう【一字状】‥ジヤウ🔗🔉

いちじ‐じょう一字状‥ジヤウ 室町時代以後、元服に際して烏帽子親が子に、あるいは主君が家臣に自分の諱いみなの1字を授与する証拠として発給した文書。一字書出いちじかきだしとも。 ⇒いち‐じ【一字】

いちじ‐じょうほう【一次情報】‥ジヤウ‥🔗🔉

いちじ‐じょうほう一次情報‥ジヤウ‥ 実態調査・アンケート調査・実験などにより直接集めた情報。図書情報では、論文や資料集など研究活動から生み出されたそのままの情報。 ⇒いち‐じ【一次】

いちじ‐せいちょう【一次成長】‥チヤウ🔗🔉

いちじ‐せいちょう一次成長‥チヤウ 維管束植物の一次組織を形成する伸長成長。胚または茎頂や根端などの分裂組織によるもの。→二次成長⇒いち‐じ【一次】

いちじ‐せんきん【一字千金】🔗🔉

いちじ‐せんきん一字千金】 (秦の呂不韋が、呂氏春秋を著作した時に、1字でも添削し得た者に千金を与えようといった故事から) ①きわめて価値ある立派な文字や文章。 ②厚い恩恵のたとえ。 ⇒いち‐じ【一字】

いちじ‐そしき【一次組織】🔗🔉

いちじ‐そしき一次組織】 維管束植物で、胚または茎頂や根端などの分裂組織から作られる組織。→二次組織⇒いち‐じ【一次】

いちじ‐たい【一字体】🔗🔉

いちじ‐たい一字体「花押かおう参照。 ⇒いち‐じ【一字】

いちじ‐だい【一字題】🔗🔉

いちじ‐だい一字題】 ①和歌・連歌・俳諧などの題が漢字1字のもの、または、表記上は2字以上でも一概念から成るもの。月・雪・花・女郎花の類。 ②雑俳の前句付・笠付などで、句を作る課題が1字のもの。 ⇒いち‐じ【一字】

広辞苑 ページ 1156