複数辞典一括検索+

いたがき‐せいしろう【板垣征四郎】‥ラウ🔗🔉

いたがき‐せいしろう板垣征四郎‥ラウ 陸軍大将。岩手県生れ。満州事変を画策。陸相・支那派遣軍総参謀長などの要職を歴任。敗戦後、A級戦犯として絞首刑。(1885〜1948) ⇒いたがき【板垣】

いたがき‐たいすけ【板垣退助】🔗🔉

いたがき‐たいすけ板垣退助】 政治家。土佐藩士。討幕運動・戊辰戦争に参加、参議となるも、征韓論政変で下野。翌年民撰議院の設立を建議、自由民権運動の指導者となる。1881年(明治14)自由党を創設。帝国議会開設後、立憲自由党総理。98年大隈重信とともに組閣、内相。政友会創立を機に引退。(1837〜1919) 板垣退助 提供:毎日新聞社 →資料:『自由党史』 ⇒いたがき【板垣】

いた‐がけ【板掛】🔗🔉

いた‐がけ板掛】 棚板などの端を支えるために取り付けた桟さん、あるいは部材の刳った部分。いたずり。いたもち。

いた‐がこい【板囲い】‥ガコヒ🔗🔉

いた‐がこい板囲い‥ガコヒ 建築工事場などで仮に周囲をかこった板塀。

いた‐がしら【板頭】🔗🔉

いた‐がしら板頭】 江戸岡場所の遊里で、その家の最上位の女郎の称。吉原の御職おしょく女郎に相当する。板元いたもと。人情本、谷中の月「そりや―で、おまへたちの上にたつおやまであろがな」

いた‐かす【板粕】🔗🔉

いた‐かす板粕】 板の形をした酒の粕。

いた‐がね【板金】🔗🔉

いた‐がね板金】 ①薄くのばした金属の板。 ②板の形に作った切金きりきん。ばんきん。

いた‐かぶ【板株】🔗🔉

いた‐かぶ板株】 江戸時代、版権はんけんの称。

いた‐かべ【板壁】🔗🔉

いた‐かべ板壁】 板張りの壁。

いた‐がみ【板紙】🔗🔉

いた‐がみ板紙】 ①板のように厚くかたい紙。ボール紙の類。 ②俎まないたの上に敷く紙。

いた‐ガラス【板硝子】🔗🔉

いた‐ガラス板硝子】 板のように平らなガラス。鏡用ガラス・窓ガラスの類。

いた‐からど【板唐戸】🔗🔉

いた‐からど板唐戸】 桟さんの框かまちのない板戸。多く上下に端喰はしばみをつける。↔桟唐戸さんからど

広辞苑 ページ 1105