複数辞典一括検索+

すり‐ばち【擂鉢】🔗🔉

すり‐ばち擂鉢】 味噌・胡麻などを入れて擂粉木すりこぎで擂りつぶすのに用いる鉢。漏斗ろうと状の土焼製で、内面に縦のきざみ目がある。摺粉鉢。御回し。当たり鉢。 ⇒すりばち‐むし【擂鉢虫】

すりばち‐むし【擂鉢虫】🔗🔉

すりばち‐むし擂鉢虫(→)「ありじごく」の別称。 ⇒すり‐ばち【擂鉢】

すりはり‐とうげ【磨針峠】‥タウゲ🔗🔉

すりはり‐とうげ磨針峠‥タウゲ 滋賀県彦根市東部、鳥居本にある峠。昔、中山道の難所。 磨針峠 撮影:的場 啓

すり‐ばん【擂半】🔗🔉

すり‐ばん擂半】 擂半鐘すりばんしょうの略。近火の知らせに半鐘を続けざまに鳴らすこと。

すり‐び【擦火・摺火】🔗🔉

すり‐び擦火・摺火】 燧石ひうちいしを火打金ひうちがねですって出す火。きりび。 ⇒すりび‐うち【擦火打】

すりび‐うち【擦火打】🔗🔉

すりび‐うち擦火打】 燧石ひうちいしを火打金ですって火を出すこと。また、それらの道具。 ⇒すり‐び【擦火・摺火】

すり‐ひざ【磨り膝】🔗🔉

すり‐ひざ磨り膝】 膝頭ですりながらすすむこと。膝行しっこう

すり‐びしお【擂醤】‥ビシホ🔗🔉

すり‐びしお擂醤‥ビシホ 魚・鳥の肉を細かに切り、塩をふり酒をかけた食品。

すり‐ぶくろ【簏袋】🔗🔉

すり‐ぶくろ簏袋】 簏すりそのものとも、簏を入れる袋ともいう。また、火打ひうちを入れる袋、色に摺って染めた布袋などの説もある。万葉集18「針袋これは賜たばりぬ―今は得てしか翁おきなさびせむ」

すり‐へら・す【磨り減らす】🔗🔉

すり‐へら・す磨り減らす】 〔他五〕 ①こすってへらす。 ②頻繁に使って消耗させる。「神経を―・す」

すり‐へ・る【磨り減る】🔗🔉

すり‐へ・る磨り減る】 〔自五〕 こすれて(物の形が)小さくなる。消耗する。「靴が―・る」「神経が―・る」

すり‐ぼうし【剃法師】‥ボフ‥🔗🔉

すり‐ぼうし剃法師‥ボフ‥ 新たに髪を剃り落とした僧。今道心いまどうしん。義経記1「―なりけるが、これはおそろしき者の子孫なり」

広辞苑 ページ 10750