複数辞典一括検索+

Sri Jayawardenepura Kotte】🔗🔉

Sri Jayawardenepura Kotte】 スリランカ民主社会主義共和国の首都。コロンボの南東方に位置する。人口11万6千(2001)。

すり‐す【磨臼】🔗🔉

すり‐す磨臼⇒すりうす

すり‐すいかん【摺水干】🔗🔉

すり‐すいかん摺水干】 摺模様のある水干。

すり‐ぞめ【摺染】🔗🔉

すり‐ぞめ摺染(→)摺込染すりこみぞめに同じ。

すり‐だし【剃出し】🔗🔉

すり‐だし剃出し】 江戸時代、髪結の弟子の称。(俚言集覧)

すり‐だし【磨り出し】🔗🔉

すり‐だし磨り出し】 ①すりだすこと。すりだしたもの。 ②マッチのこと。 ③刀剣の茎なかごの上部に種々の鑢目やすりめを組み合わせて装飾的に入れたもの。 ⇒すりだし‐まきえ【磨り出し蒔絵】

すり‐だ・す【磨り出す】🔗🔉

すり‐だ・す磨り出す】 〔他五〕 すりみがいて光沢または文様をあらわし出す。

すり‐ちが・う【擦り違ふ】‥チガフ🔗🔉

すり‐ちが・う擦り違ふ‥チガフ 〔自四〕 「すれちがう」に同じ。浄瑠璃、堀川波鼓「―・うて妹のお藤、するすると走り出で」

すり‐ちゃ【擂茶・磨茶】🔗🔉

すり‐ちゃ擂茶・磨茶】 ①石臼で磨った茶。碾茶ひきちゃ。抹茶。〈日葡辞書〉 ②茶入れの名。口が広く、周囲に半円形の粒が取り巻いているもの。また、そうした文様のついた器物。

スリッカー【slicker】🔗🔉

スリッカーslicker】 (本来、アメリカ西部で着る黄色い防水服)レインコートの一種。ゴム引布・オイル‐クロースなどの防水布でつくったもの。

すり‐つ・く【摺り付く】🔗🔉

すり‐つ・く摺り付く】 〔他下二〕 摺って色をつける。万葉集7「衣に―・け着む日知らずも」

すり‐づくし【摺尽し】🔗🔉

すり‐づくし摺尽し】 染め草の汁で種々に模様を摺り出したもの。義経記1「あひあひ引柿したる―の直垂ひたたれ

すり‐つけぎ【擦付木・摺付木】🔗🔉

すり‐つけぎ擦付木・摺付木】 (明治期の語)マッチのこと。

広辞苑 ページ 10747