複数辞典一括検索+

すり‐き・れる【摩り切れる】🔗🔉

すり‐き・れる摩り切れる】 〔自下一〕[文]すりき・る(下二) すれあって切れる。摩擦して切れる、または減る。「袖口が―・れる」

すり‐くず【磨り屑】‥クヅ🔗🔉

すり‐くず磨り屑‥クヅ 金属の細工の際、磨れて出るくず。

すり‐くず・す【磨り崩す】‥クヅス🔗🔉

すり‐くず・す磨り崩す‥クヅス 〔他五〕 すりつぶす。すりおろす。

すり‐くだ・く【擂り砕く】🔗🔉

すり‐くだ・く擂り砕く】 〔他五〕 すってこまかく砕く。すりつぶす。

すり‐こ【磨粉】🔗🔉

すり‐こ磨粉】 すりくだいた米の粉。更級日記「―などを濃くて流したらむやうに、白き水、早く流れたり」

すりこ‐ぎ【擂粉木・摺子木】🔗🔉

すりこ‐ぎ擂粉木・摺子木】 ①擂鉢で物を擂るのに使う棒。多くは山椒の木を用いる。すりぎ。れんぎ。あたりぎ。 ②僧侶をののしっていう語。転じて、一般に人をののしっていう語。傾城買二筋道「この―めら」 ③(使用するに従って短くなることから)進歩せずにかえって退歩する人を嘲っていう語。 ⇒すりこぎ‐あたま【擂粉木頭】 ⇒すりこぎ‐かくし【擂粉木隠し】 ⇒擂粉木で芋を盛る ⇒擂粉木で腹を切る

すりこぎ‐あたま【擂粉木頭】🔗🔉

すりこぎ‐あたま擂粉木頭】 すりこぎの先のように円い頭。 ⇒すりこ‐ぎ【擂粉木・摺子木】

すりこぎ‐かくし【擂粉木隠し】🔗🔉

すりこぎ‐かくし擂粉木隠し】 陰暦11月、大師講の日。また、その日に降る雪。弘法大師を宿泊させた家の老婆は、食物がないので他人の畑の物を盗んだ。大師は老婆の信心に免じて、その足跡を隠すために呪法で雪を降らせたという伝説。老婆の足に指が無く擂粉木のようであったとも、大師の足が擂粉木のようであったともいう。あとかくし雪。 ⇒すりこ‐ぎ【擂粉木・摺子木】

広辞苑 ページ 10745