複数辞典一括検索+

すり‐えび【擂蝦】🔗🔉

すり‐えび擂蝦】 蝦のからをとり、中身をすりつぶしたもの。

すり‐お【摺尾】‥ヲ🔗🔉

すり‐お摺尾‥ヲ 矢羽の一種。黒地に白くかすった斑のあるもの。

ずり‐お・ちる【ずり落ちる】🔗🔉

ずり‐お・ちるずり落ちる】 〔自上一〕 ずれて落ちる。ずれてさがる。「眼鏡が―・ちる」

すり‐おろ・す【磨り下ろす・摺り下ろす】🔗🔉

すり‐おろ・す磨り下ろす・摺り下ろす】 〔他五〕 すって細かくする。「ニンニクを―・す」

すり‐がい【摺貝】‥ガヒ🔗🔉

すり‐がい摺貝‥ガヒ (→)螺鈿らでんに同じ。

すり‐か・える【摩り替える】‥カヘル🔗🔉

すり‐か・える摩り替える‥カヘル 〔他下一〕[文]すりか・ふ(下二) ひそかに取りかえる。特に、偽物に取りかえる。「刀身を―・える」「論点を―・える」

すり‐かたぎ【摺形木】🔗🔉

すり‐かたぎ摺形木(→)版木はんぎに同じ。

すり‐がね【擦鉦・摺鉦】🔗🔉

すり‐がね擦鉦・摺鉦(→)当り鉦がねに同じ。

すり‐がらし【擦り枯らし】🔗🔉

すり‐がらし擦り枯らし】 (スリカラシとも) ①食い詰めておちぶれること。また、その人。浄瑠璃、薩摩歌「気味よいあたまのすり鉢びん、江戸―と見えたよな」 ②すれからし。すれっからし。西鶴織留5「大坂中の水呑ふでまはりし―の、右の手にしやくしの柄の跡のつきたる女」

すり‐ガラス【磨硝子】🔗🔉

すり‐ガラス磨硝子(→)「つやけしガラス」に同じ。斎藤緑雨、ひかへ帳「今出来なる待合の摺すり硝子、いとゞ灯影ほかげのほのぐらけれど」

すり‐かりぎぬ【摺狩衣】🔗🔉

すり‐かりぎぬ摺狩衣】 山藍・鴨跖草つきくさなどで摺模様を出した狩衣。伊勢物語「―の袂に書きつけける」

すり‐ぎ【擂木】🔗🔉

すり‐ぎ擂木(→)擂粉木すりこぎ1に同じ。

すり‐きず【擦傷】🔗🔉

すり‐きず擦傷】 擦りむいた肌の傷。擦過傷さっかしょう。かすりきず。

すり‐ぎぬ【摺衣】🔗🔉

すり‐ぎぬ摺衣(→)「すりごろも」に同じ。枕草子295「その日、靫負の佐の―瑩ようする」

すり‐きり【摩切り・摺切り】🔗🔉

すり‐きり摩切り・摺切り】 ①こすって切ること。 ②金銭などを使い果たすこと。無一物。また、その人。〈日葡辞書〉 ③粉や粒のものを容器のふちでならして、ちょうど一杯にすること。「―1杯」

広辞苑 ページ 10744