複数辞典一括検索+

すぎうら‐ひすい【杉浦非水】🔗🔉

すぎうら‐ひすい杉浦非水】 日本画家・デザイナー。本名、朝武つとむ。松山生れ。東京美術学校卒。三越のポスターなどを担当。1925年(大正14)、七人社を結成。多摩美大校長。商業美術の普及に貢献。(1876〜1965) 杉浦非水 撮影:田沼武能 ⇒すぎうら【杉浦】

すぎうら‐みんぺい【杉浦明平】🔗🔉

すぎうら‐みんぺい杉浦明平】 小説家・評論家。愛知県生れ。東大卒。イタリア文学研究を基盤に、地方色豊かな笑いの文学を展開。作「ノリソダ騒動記」「小説渡辺崋山」など。(1913〜2001) ⇒すぎうら【杉浦】

すぎうら‐ゆずる【杉浦譲】‥ユヅル🔗🔉

すぎうら‐ゆずる杉浦譲‥ユヅル 前島密ひそかの後任として郵便制度を創始した、初代駅逓正えきていのかみ。甲府生れ。(1835〜1877) ⇒すぎうら【杉浦】

すき‐うるし【透漆】🔗🔉

すき‐うるし透漆】 漆の一種。生漆きうるしの余分な水分を蒸発させた透明度の高いもの。梨子地漆なしじうるし・蝋色漆ろいろうるし・春慶漆などはこれから精製する。

すき‐おうぎ【透扇】‥アフギ🔗🔉

すき‐おうぎ透扇‥アフギ 彫りすかした薄板に羅を張った扇。透かし扇。

すき‐おこ・す【鋤き起こす】🔗🔉

すき‐おこ・す鋤き起こす】 〔他五〕 鋤すきで土を掘りおこす。

すき‐おり【透織】🔗🔉

すき‐おり透織(→)「すかしおり」に同じ。

すぎ‐おり【杉折】‥ヲリ🔗🔉

すぎ‐おり杉折‥ヲリ 杉のへぎ板で造ったはこ。菓子・料理物などを入れるのに用いる。好色一代男5「樽、―の山をなし」

○杉折り掛くすぎおりかく🔗🔉

○杉折り掛くすぎおりかく 酒を売る家のめじるしに、軒のきに杉の枝を折りかける。→酒林さかばやし ⇒すぎ【杉・椙】

すき‐がえし【漉返し・抄返し】‥ガヘシ🔗🔉

すき‐がえし漉返し・抄返し‥ガヘシ 本来は、供養の目的で故人の書状をすきかえして作った紙。のち、反故ほご紙などをすきかえして作ったものをいう。宿紙しゅくし。還魂紙。

広辞苑 ページ 10497