複数辞典一括検索+

い‐しゅ【縊首】🔗🔉

い‐しゅ縊首】 首をくくって死ぬこと。

い‐じゅ【伊集】🔗🔉

い‐じゅ伊集】 (沖縄で)(→)ヒメツバキ1の称。

い‐じゅ【医儒】🔗🔉

い‐じゅ医儒】 医者で儒者をかねた人。儒医。

い‐しゅう【伊州】‥シウ🔗🔉

い‐しゅう伊州‥シウ 伊賀国の別称。

い‐しゅう【異宗】🔗🔉

い‐しゅう異宗】 異なった宗教や宗派。他宗。

い‐しゅう【異臭】‥シウ🔗🔉

い‐しゅう異臭‥シウ 変なにおい。いやなにおい。「―を放つ」

い‐しゅう【異執】‥シフ🔗🔉

い‐しゅう異執‥シフ 〔仏〕異論や邪説に執着する迷いの心。

い‐しゅう【意執】‥シフ🔗🔉

い‐しゅう意執‥シフ 〔仏〕あることに固執する迷いの心。源平盛衰記19「―我執を存せんこと三途の苦悩遁れ難し」

い‐しゅう【遺習】ヰシフ🔗🔉

い‐しゅう遺習ヰシフ 現在までのこっている昔の風俗習慣。

い‐しゅう【蝟集・猬集】ヰシフ🔗🔉

い‐しゅう蝟集・猬集ヰシフ (蝟・猬ともに、はりねずみの意)はりねずみの毛のように、多く寄り集まること。「周囲に群衆が―する」

い‐じゅう【移住】‥ヂユウ🔗🔉

い‐じゅう移住‥ヂユウ ①他の土地または国へ移り住むこと。「―者」 ②開拓・征服などの目的で種族・民族などの集団がある土地から他の土地へ移動・定住すること。

いしゅ‐うち【意趣討】🔗🔉

いしゅ‐うち意趣討】 恨みを晴らすために相手を討ちとること。 ⇒い‐しゅ【意趣】

いしゅ‐がえし【意趣返し】‥ガヘシ🔗🔉

いしゅ‐がえし意趣返し‥ガヘシ 恨みをかえすこと。復讐。 ⇒い‐しゅ【意趣】

広辞苑 ページ 1042