複数辞典一括検索+

いし‐ばし【石階】🔗🔉

いし‐ばし石階】 石の階段。いしだん。蜻蛉日記「―おりのぼりなどすれば」

いし‐ばし【石橋】🔗🔉

いし‐ばし石橋】 石で造った橋。石の橋。 ⇒石橋を叩いて渡る

いし‐はじき【石弾き】🔗🔉

いし‐はじき石弾き】 ①石弓。推古紀「弩おおゆみ・―の類」 ②遊戯の名。双方豆大の石を並べ、指先で石を弾いて、あたった相手の石を取り、勝負を争うこと。おはじき。

いしばし‐しあん【石橋思案】🔗🔉

いしばし‐しあん石橋思案】 小説家。名は助三郎。別号、雨香など。横浜生れ。東大中退。尾崎紅葉らと硯友社けんゆうしゃを興し、戯作風の軽文学をよくした。作「乙女心」「京鹿子」など。(1867〜1927) ⇒いしばし【石橋】

いしばし‐たんざん【石橋湛山】🔗🔉

いしばし‐たんざん石橋湛山】 評論家・政治家。山梨県出身。早大卒。東洋経済新報社社長を経て、第1次吉田内閣の蔵相。自由民主党総裁。1956〜57年首相。第二次大戦前「小日本主義」を唱えるなど自由主義的論陣を張り、戦後も日中・日ソの交流に尽力。(1884〜1973) 石橋湛山 撮影:田村 茂 ⇒いしばし【石橋】

いしばし‐にんげつ【石橋忍月】🔗🔉

いしばし‐にんげつ石橋忍月】 文芸評論家・小説家。名は友吉。福岡生れ。山本健吉の父。東大在学中から二葉亭四迷の「浮雲」などの批評で認められた。(1865〜1926) ⇒いしばし【石橋】

いしばし‐やま【石橋山】🔗🔉

いしばし‐やま石橋山】 小田原市南西部にある山。1180年(治承4)源頼朝が大庭景親に敗れた所。

○石橋を叩いて渡るいしばしをたたいてわたる🔗🔉

○石橋を叩いて渡るいしばしをたたいてわたる 堅固な石橋を叩いて、堅固さを確かめてから渡る。用心の上にも用心するたとえ。 ⇒いし‐ばし【石橋】

いし‐はぜ【石爆ぜ】🔗🔉

いし‐はぜ石爆ぜ】 陶器の生地きじ中の砂石が焼けてはぜたもの。花器・茶器に賞用。

広辞苑 ページ 1034