複数辞典一括検索+

しゃっきょう【石橋】シヤクケウ🔗🔉

しゃっきょう石橋シヤクケウ ①能。寂昭法師が入唐して、清涼山の聖域の石橋に至り、獅子の舞を見る。 ②1に基づく地歌・長唄。 ㋐地歌。初世瀬川路考作詞。芳沢金七・芳村藤四郎作曲。詞章は長唄「執着しゅうじゃく獅子」に近い。別題、番つがい獅子。 ㋑長唄。文政(1818〜1830)年間10世杵屋六左衛門作曲。外記節げきぶし石橋・大石橋とも。→獅子物

広辞苑 ページ 9176 での石橋単語。