複数辞典一括検索+

しち【質】🔗🔉

しち】 (呉音。チとも) ①約束を履行する保証として預けおくもの。また、借金の担保として預けおくもの。竹取物語「もし金たまはぬものならば、かの衣の―返したべ」 ②人質。今昔物語集23「其の妹を―に取りて」 ③〔法〕質権またはその目的物たる質物。中世までは質(占有質)と抵当(無占有質)とを含み、江戸時代以降、占有質の意に限られるに至った。 →しつ(質) ⇒質に置く ⇒質に取る ⇒質八を置く

広辞苑 ページ 8754 での単語。