複数辞典一括検索+

さち【幸】🔗🔉

さち】 (一説に、朝鮮語のsal(矢)と同源。矢の霊力をサチといい、さらに矢の獲物、転じて幸福をもいうようになったとする) ①獲物を取る道具。古事記「―を相易へて用ゐむ」 ②漁や猟に獲物の多いこと。また、その獲物。常陸風土記「同ともに―を争へり」。「山の―海の―」 ③さいわい。幸福。「―多かれと祈る」

広辞苑 ページ 7971 での単語。