あん‐ぜん【安全】🔗🔉

あん‐ぜん安全】 (中世ではアンセン) ①安らかで危険のないこと。平穏無事。平家物語7「かの夭逆にをかされて、四海鎮とこしなえにその―をえず」。「家内―」「旅の―を祈る」 ②物事が損傷したり、危害を受けたりするおそれのないこと。「―な場所に隠す」 ⇒あんぜん‐かみそり【安全剃刀】 ⇒あんぜん‐ガラス【安全硝子】 ⇒あんぜん‐き【安全器】 ⇒あんぜん‐きょういく【安全教育】 ⇒あんぜん‐ぐつ【安全靴】 ⇒あんぜん‐けいすう【安全係数】 ⇒あんぜん‐けん【安全圏】 ⇒あんぜん‐こう【安全光】 ⇒あんぜん‐こうちゅう【安全鉱柱】 ⇒あんぜん‐しきさい【安全色彩】 ⇒あんぜん‐しゅうかん【安全週間】 ⇒あんぜん‐そうち【安全装置】 ⇒あんぜん‐ちたい【安全地帯】 ⇒あんぜん‐とう【安全灯】 ⇒あんぜん‐とう【安全島】 ⇒あんぜん‐パイ【安全牌】 ⇒あんぜん‐ばくやく【安全爆薬】 ⇒あんぜん‐ピン【安全ピン】 ⇒あんぜん‐ベルト【安全ベルト】 ⇒あんぜん‐べん【安全弁】 ⇒あんぜん‐ぼう【安全帽】 ⇒あんぜん‐ほしょう【安全保障】 ⇒あんぜん‐ほしょう‐かいぎ【安全保障会議】 ⇒あんぜん‐ほしょう‐じょうやく【安全保障条約】 ⇒あんぜん‐ほしょう‐りじかい【安全保障理事会】 ⇒あんぜん‐マッチ【安全マッチ】 ⇒あんぜん‐りつ【安全率】

広辞苑 ページ 795 での安全単語。