複数辞典一括検索+

くま【隈・曲・阿】🔗🔉

くま隈・曲・阿】 ①道や川などの湾曲して入り込んだ所。万葉集13「道の―八十―ごとになげきつつ」 ②奥まって隠れた所。すみ。源氏物語明石「かの浦に静やかに隠らふべき―侍りなむや」 ③色と色とが相接する所。光と陰との接する所。ぼかし。陰翳いんえい。暈うん。陰。くもり。源氏物語賢木「月の少し―ある」。「目の―」 ④秘めているところ。隠していること。後撰和歌集「秋の夜の月の光は清けれど人の心の―は照らさず」 ⑤かたすみ。へんぴなところ。源氏物語常夏「さる田舎の―にて」 ⑥欠点。源氏物語浮舟「そのことぞとおぼゆる―なく」 ⑦歌舞伎で役者の顔に施す色どり。くまどり。 隈

広辞苑 ページ 5738 での単語。