複数辞典一括検索+

きん‐ぶん【金文】🔗🔉

きん‐ぶん金文】 銅や鉄などの金属で作った容器・兵器・貨幣・印章などに鋳出したり刻みつけたりされた銘文。石文せきぶんと並んで金石学の対象となる。

広辞苑 ページ 5462 での金文単語。