かん‐すう【関数】クワン‥🔗🔉

かん‐すう関数クワン‥ (function) ①〔数〕数の集合から数の集合への写像yfx)のこと。を独立変数、を従属変数という。が複素数の集合ならば、特にを複素変数関数という。として2次元空間、3次元空間、…の部分集合をとる時は、2変数関数、3変数関数、…(総称して多変数関数)という。函数。 ②コンピューターで、与えられた入力パラメーターに基づき、定められた処理を実行しその結果を出力する一連の命令群。ソフトウェアの作成時には、関数の入力パラメーターと出力の値だけを理解すればよく、モジュール化が図れる。 ⇒かんすう‐かいせき【関数解析】 ⇒かんすう‐くうかん【関数空間】 ⇒かんすう‐ひょう【関数表】 ⇒かんすう‐ほうていしき【関数方程式】 ⇒かんすう‐ろん【関数論】

広辞苑 ページ 4480 での関数単語。