複数辞典一括検索+

あたり【当り】🔗🔉

あたり当り】 ①あたること。ぶつかること。 ②ぴったりあたること。命中。的中。「大―」 ③成功すること。うまくいくこと。浮世草子、新色五巻書「百廿日の―は近年珍しい」 ④てがかり。目あて。「―が付く」 ⑤手などの、触れた感じ。人の接し方。応対。「―がよい人」 ⑥返報。意趣返し。宇治拾遺物語5「さきに行綱に謀られたる―とぞいひける」 ⑦果実の腐り。浮世風呂4「―のある桃」 ⑧(多く「中り」と書く)飲食物や天候の体に及ぼす害。中毒。「食―」「暑気―」 ⑨(漁村語)漁獲の配当。網だま。 ⑩(多く「中り」と書く)釣りで、魚がえさにさわること。また、えさをくわえたという感触が伝わること。魚信。「―が来る」 ⑪囲碁で、あと一手で石を打ち揚げられる形になっていること。 ⑫野球で、打撃の調子。「―が出る」 ⑬(接尾語的に)「…に対して」の意。「一人―3合」 ⇒あたり‐あい【当り合い】 ⇒あたり‐あたり【当り当り】 ⇒あたり‐いも【当り芋】 ⇒あたり‐がね【当り鉦】 ⇒あたり‐ぎ【当り木】 ⇒あたり‐きょうげん【当り狂言】 ⇒あたり‐くじ【当り籤】 ⇒あたり‐げい【当り芸】 ⇒あたり‐ざま【当り様】 ⇒あたり‐さわり【当り障り】 ⇒あたり‐ずみ【当り墨】 ⇒あたり‐どし【当り年】 ⇒あたり‐ばこ【当り箱】 ⇒あたり‐はずれ【当り外れ】 ⇒あたり‐ばち【当り鉢】 ⇒あたり‐び【当り日】 ⇒あたり‐ぶるまい【当り振舞】 ⇒あたり‐ぼう【当り棒】 ⇒あたり‐まえ【当り前】 ⇒あたり‐まなこ【当り眼】 ⇒あたり‐み【当り身・当り肉】 ⇒あたり‐め【当りめ】 ⇒あたり‐もの【当り物】 ⇒あたり‐や【当り屋】 ⇒あたり‐やく【当り役】 ⇒当りを付ける ⇒当りを取る

広辞苑 ページ 414 での当り単語。