複数辞典一括検索+

かがみ【鏡】🔗🔉

かがみ】 ①滑らかな平面における光の反射を利用して容姿や物の像などをうつし見る道具。中国から渡来。古くは金属、特に銅合金を磨いたり錫すずを塗ったり、または錫めっきを施したりした。円形・方形・花形・稜形などに作り、室町時代から柄をつけるようになった。今日では、硝酸銀水溶液をガラス面に注ぎ、苛性ソーダなどによってコロイド状の銀をガラス面に沈着させ、その上に樹脂などの保護膜を塗る。鏡は古来、呪術的なものとして重視され、祭器や権威の象徴・財宝とされた。古事記「斎杙いくいには―を懸け、真杙まくいには真玉を懸け」 ②(「鑑」とも書く)手本。模範。万葉集20「見る人の語りつぎてて聞く人の―にせむを」。「武士の―」 ③「かがみもち」の略。 ④酒樽のふた。「―を抜く」 ⑤歴史書。→鏡物。 ⑥行政省庁内で、決裁書類のおもて紙。宛先・標題・日付・作成者などを記す。 ⇒かがみ‐あげ【鏡上】 ⇒かがみ‐あぶみ【鏡鐙】 ⇒かがみ‐いけ【鏡池】 ⇒かがみ‐いご【鏡いご】 ⇒かがみ‐いし【鏡石】 ⇒かがみ‐いた【鏡板】 ⇒かがみ‐いわ【鏡岩】 ⇒かがみ‐うお【鏡魚】 ⇒かがみ‐うちわ【鏡団扇】 ⇒かがみ‐え【鏡絵】 ⇒かがみ‐おび【鏡帯】 ⇒かがみ‐がい【鏡貝】 ⇒かがみ‐かけ【鏡掛】 ⇒かがみ‐がた【鏡形】 ⇒かがみ‐ぐさ【鏡草】 ⇒かがみ‐ぐつわ【鏡銜・鏡轡】 ⇒かがみ‐くら【鏡鞍】 ⇒かがみ‐し【鏡師】 ⇒かがみ‐じ【鏡地】 ⇒かがみ‐せん【鏡銑】 ⇒かがみ‐そう【鏡草】 ⇒かがみ‐だい【鏡鯛】 ⇒かがみ‐たて【鏡立】 ⇒かがみ‐つくり【鏡作り】 ⇒かがみつくり‐べ【鏡作部】 ⇒かがみ‐てん【鏡天】 ⇒かがみ‐てんじょう【鏡天井】 ⇒かがみ‐ど【鏡戸】 ⇒かがみ‐とぎ【鏡磨ぎ】 ⇒かがみ‐なす【鏡なす】 ⇒かがみ‐なる【鏡なる】 ⇒かがみ‐の‐いえ【鏡の家】 ⇒かがみ‐の‐ま【鏡の間】 ⇒かがみ‐の‐まつ【鏡の松】 ⇒かがみ‐ばこ【鏡匣・鏡箱】 ⇒かがみ‐はだ【鏡肌】 ⇒かがみ‐ばり【鏡張り】 ⇒かがみ‐びらき【鏡開き】 ⇒かがみ‐ぶくろ【鏡袋】 ⇒かがみ‐ぶた【鏡蓋】 ⇒かがみ‐ぶとん【鏡蒲団】 ⇒かがみ‐まくら【鏡枕】 ⇒かがみ‐もじ【鏡文字】 ⇒かがみ‐もち【鏡餅】 ⇒かがみ‐もの【鏡物】 ⇒かがみ‐わり【鏡割り】

広辞苑 ページ 3425 での単語。