📜📓☁️

鑑 字形 筆順🔗🔉

 字形  筆順 〔金部15画/23画/常用/2053・3455〕 〔音〕カン(漢) 〔訓〕かがみ・かんがみる [意味] ①物の姿を写す道具。かがみ。てほん。「鏡鑑・図鑑・年鑑・殷鑑いんかん・亀鑑きかん」 ②照らし合わせて真正であることを保証する(もの)。「鑑札・印鑑」 ③かんがみる。前例にてらしてよしあしを考える。見わける。「鑑査・鑑定・鑑賞・鑑識」 [解字] 形声。「金」+音符「監」(=水かがみ)。青銅のかがみの意。[鑒]は異体字。 [下ツキ 印鑑・殷鑑・亀鑑・鏡鑑・図鑑・清鑑・藻鑑・大鑑・年鑑・武鑑・宝鑑・名鑑・門鑑

広辞苑 ページ 22746 での鑑 字形 筆順単語。