複数辞典一括検索+

いん‐よう【陰陽】‥ヤウ🔗🔉

いん‐よう陰陽‥ヤウ ①中国の易学でいう、相反する性質をもつ陰・陽二種の気。万物の化成はこの二気の消長によるとする。日・春・南・昼・男は陽、月・秋・北・夜・女は陰とする類。日本に伝来して陰陽道となったが、この場合はオンヨウまたはオンミョウとよむ。 ②漢方で、病気の性質を2種に区分する尺度。熱性で活動性のものを陽(陽証)、寒性で沈降性のものを陰(陰証)という。 ③電気や磁気の、陰極と陽極。 ④(生花用語) ㋐葉や幹などの日光を受けない方の裏面(陰)と日光を受ける方の表面(陽)。色合いなどが異なる。 ㋑花型の左右の空間の称。上座の方(客位)を陰、下座の方(主位)を陽とする。 ⇒いんよう‐か【陰陽家】 ⇒いんよう‐ごぎょう‐せつ【陰陽五行説】 ⇒いんよう‐わごう【陰陽和合】 ⇒陰陽を燮理す

広辞苑 ページ 1601 での陰陽単語。