複数辞典一括検索+

とり‐い【鳥居】‥ヰ🔗🔉

とり‐い鳥居‥ヰ 神社の参道入口に立てて神域を示す一種の門。左右2本の柱の上に笠木をわたし、その下に柱を連結する貫ぬきを入れたもの。伊勢神宮や鹿島神宮の神明鳥居を基本として、明神鳥居・山王鳥居・三輪鳥居・両部鳥居などがある。華表。 鳥居 鳥居 撮影:関戸 勇 ⇒とりい‐しょうじ【鳥居障子】 ⇒とりい‐ぞり【鳥居反】 ⇒とりい‐だち【鳥居立ち】 ⇒とりい‐だて【鳥居建て】 ⇒とりい‐だな【鳥居棚】 ⇒とりい‐つむじ【鳥居旋毛】 ⇒とりいまえ‐まち【鳥居前町】 ⇒とりい‐わく【鳥居枠】 ⇒鳥居を越す

広辞苑 ページ 14348 での鳥居単語。