複数辞典一括検索+

すりこみ‐ぞめ【摺込染】🔗🔉

すりこみ‐ぞめ摺込染】 染色法の一つ。平板上に張った布帛ふはくの上に型紙をおき、その上から染料液を含ませた刷毛はけで、種々の色を摺り込んで文様を染め出すこと。また、その布帛。すりぞめ。 ⇒すり‐こみ【摺込み・摩込み】

広辞苑 ページ 10746 での摺込染単語。