複数辞典一括検索+

すりこぎ‐かくし【擂粉木隠し】🔗🔉

すりこぎ‐かくし擂粉木隠し】 陰暦11月、大師講の日。また、その日に降る雪。弘法大師を宿泊させた家の老婆は、食物がないので他人の畑の物を盗んだ。大師は老婆の信心に免じて、その足跡を隠すために呪法で雪を降らせたという伝説。老婆の足に指が無く擂粉木のようであったとも、大師の足が擂粉木のようであったともいう。あとかくし雪。 ⇒すりこ‐ぎ【擂粉木・摺子木】

広辞苑 ページ 10745 での擂粉木隠し単語。