複数辞典一括検索+

すさ・む【荒む・進む・遊む】🔗🔉

すさ・む荒む・進む・遊む】 [一]〔自五〕 (スサブの転) ①湧いてくる勢いの赴くままになる。はなはだしくなる。心の赴くままに事をする。新後撰和歌集「風―・む小野の篠原」 ②詩歌などを吟ずる。くちずさむ。十訓抄「堂の内にしのびやかにうち―・むを聞けば」 ③心をとめて愛する。日葡辞書「ハナニスサム」 ④時折、雨や雪が降る。また、時折、風が吹く。風雅和歌集「時雨―・める遠山の松」 ⑤雨や風がやむ。日葡辞書「アメフリスサム」 ⑥荒れてこまやかさがなくなる。荒廃する。「生活が―・む」「芸が―・む」 [二]〔他四〕 ①すさまじく思う。いとい捨てる。住吉物語「多くの月日重なるままに、いよいよ思ひまさりて世の中をも―・み、宮仕へをも忘れて」。日葡辞書「ヒトヲスサム」「ヨヲスサム」 ②苦しめ痛めつける。日葡辞書「ミヲスサム」 [三]〔他下二〕 気分の赴くままにする意。 ①心にとめて愛する。古今和歌集「大あらきの森の下草老いぬれば駒も―・めず刈る人もなし」。源氏物語花宴「帥の宮の北の方、頭中将の―・めぬ四の君などこそよしと聞きしか」 ②時折、事をなす。堀河百首「ひまもなく降りも―・めぬ五月雨につくまの沼のみ草なみよる」 ③いとい捨てる。きらい避ける。源氏物語紅梅「兵部卿の宮に近づき聞えにけり、うべ我をば―・めたりと、気色どり怨じ給へりしこそをかしかりしか」

広辞苑 ページ 10552 での荒む単語。