複数辞典一括検索+

いしばし‐しあん【石橋思案】🔗🔉

いしばし‐しあん石橋思案】 小説家。名は助三郎。別号、雨香など。横浜生れ。東大中退。尾崎紅葉らと硯友社けんゆうしゃを興し、戯作風の軽文学をよくした。作「乙女心」「京鹿子」など。(1867〜1927) ⇒いしばし【石橋】

広辞苑 ページ 1034 での石橋思案単語。