【岩石】がんせき 〔文章〕🔗🔉

岩石がんせき 〔文章〕 ―の多い山。標本用の―を採集する。月の―を持ち帰る。―学 〔注〕「岩」「岩石」は、いずれも地殻を形造っている物質についていう語であるが、「岩石」は学術語であり、大小は問題でない。それに対し「岩」はある程度以上大きなものをさす。 〔参考〕岩石の分類 火成岩〈火山岩(噴出岩)〉―安山岩・玄武岩・流紋岩など 深成岩―花崗(かこう)岩・閃緑(せんりょく)岩など 堆積(たいせき)岩―泥岩・砂岩・礫岩(れきがん)・粘板岩・頁岩(けつがん)・凝灰岩・集塊岩など 変成岩―片麻岩・結晶片岩など 【

広辞苑第六版 ページ 4262 での岩石文章単語。