複数辞典一括検索+

石炭乾留🔗🔉

石炭乾留 [英 coal carbonization 仏 carbonisation du charbon 独 Verkokung von Steinkohle 露 коксование угля] 空気を遮断して石炭を加熱分解すること.ガス,タール,コークスが生成する.石炭の乾留法には450〜700℃で乾留する低温乾留と,1000〜1200℃で乾留する高温乾留とがある.低温乾留では,石炭の不安定な部分が熱分解を受け,人造石油や無煙燃料(半成コークス)の製造などに適用できる.非粘結炭や弱粘結炭が使用される.一方,高温乾留はタールの生成量が低温乾留にくらべて低く,製鉄・鋳物用のコークスの製造,都市ガスの製造に適用される.原料は粘結炭であり,タールは芳香族分が多く,ガスは水素に富み,発熱量が高い.

岩波理化学辞典 ページ 2749 での石炭乾留単語。