複数辞典一括検索+

原油🔗🔉

原油 [crude oil] 地中から天然に産出したままの石油をいう.各種液状炭化水素を主成分とし,少量の硫黄,酸素,窒素などの有機化合物をも含む.一般に蛍光をもつため反射光線で見れば青緑色を帯びた黒色であるが,透過光では赤褐色である.比重によって軽質(<0.83),中質(<0.904),重質(<0.96),特重質(0.96〜)の4種に分類される.また炭化水素組成によってパラフィン基原油,ナフテン基原油,中間基原油(前2者の中間),および特殊原油(たとえば芳香族の多いもの)に分類される.

岩波理化学辞典 ページ 1635 での原油単語。