複数辞典一括検索+

【黄鶴楼送孟浩然之広陵】コウカクロウニテモウコウネンカ゛コウリョウニユクヲオクル🔗🔉

【黄鶴楼送孟浩然之広陵】コウカクロウニテモウコウネンカ゛コウリョウニユクヲオクル 〈形式〉七言絶句 〈韻〉(平)尤 〈作者名〉李白(リハク) 故人西辞黄鶴楼 煙花三月下揚州 孤帆遠影碧空尽 唯見長江天際流 故人 西のかた 黄鶴楼を辞し 煙花 三月 揚州に下る 孤帆の 遠影 碧空に尽き 唯だ見る 長江の 天際に流るるを 黄鶴楼送孟浩然之広陵

【従軍行】シ゛ュウク゛ンコウ🔗🔉

【従軍行】シ゛ュウク゛ンコウ 〈形式〉七言絶句 〈韻〉(平)刪 〈作者名〉王昌齢(オウショウレイ) 秦時明月漢時関 万里長征人未還 但使竜城飛将在 不教胡馬度陰山 秦時の明月 漢時の関 万里 長征して 人未だ還らず 但だ竜城の飛将をして在らしめば 胡馬をして陰山を度らしめず 従軍行

【芙蓉楼送辛漸】フヨウロウニシンセ゛ンヲオクル🔗🔉

【芙蓉楼送辛漸】フヨウロウニシンセ゛ンヲオクル 〈形式〉七言絶句 〈韻〉(平)虞 〈作者名〉王昌齢(オウショウレイ) 寒雨連江夜入呉 平明送客楚山孤 洛陽親友如相問 一片氷心在玉壷 寒雨 江に連なって 夜 呉に入る 平明 客を送れば 楚山 孤なり 洛陽の親友 如し相問わば 一片の氷心 玉壷に在りと 芙蓉楼送辛漸

【塞下曲】サイカノキョク🔗🔉

【塞下曲】サイカノキョク 〈形式〉七言絶句 〈韻〉(平)灰 〈作者名〉常建(シ゛ョウケン) 北海陰風動地来 明君祠上望龍堆 髑髏尽是長城卒 日暮沙場飛作灰 北海の陰風 地を動かして来たる 明君祠上 竜堆を望む 髑髏 尽く是れ長城の卒 日暮沙場 飛んで灰と作る 塞下曲

学研漢和大字典 ページ 8200