複数辞典一括検索+

【蘭芝】ランシ🔗🔉

【蘭芝】ランシ 蘭と霊芝(レイシ)(まんねんたけ)。ともに香草。すぐれた素質がある者。美しい女にたとえることがある。「蘭芝不重栄、人皆棄旧愛=蘭芝重ねて栄えず、人皆旧愛を棄つ」〔曹植・雑詩〕

【蘭】ランシ🔗🔉

【蘭】ランシ 蘭と、よろいぐさ。ともに香草。賢人・美人などにたとえることがある。

【蘭室】ランシツ🔗🔉

【蘭室】ランシツ 賢人・美人のいる所。「更会蘭室洞房=更に会す蘭室の洞房に」〔曹植・妾薄命〕 《詩語》

【蘭麝】ランシ゛ャ🔗🔉

【蘭麝】ランシ゛ャ 蘭と麝香(シ゛ャコウ)。香りの高いもののこと。▽一説に、香の名。非常によい香りがする。「君聞蘭麝不馨香=君は蘭麝を聞いで馨香とせず」〔白居易・太行路〕

【蘭若】ランシ゛ャク・ランニャ🔗🔉

【蘭若】ランシ゛ャク・ランニャ ㊀(ランシ゛ャク)蘭と杜若(トシ゛ャク)。ともに香草。 ㊁(ランニャ)《仏教》閑静で、修行に適する所。寺院。▽梵語(ホ゛ンコ゛)aranyaの音訳、「阿蘭若」の略。 《詩語》

【蘭省】ランショウ🔗🔉

【蘭省】ランショウ 尚書省の別名。 皇后の宮殿。

【蘭燭】ランショク🔗🔉

【蘭燭】ランショク {蘭灯(ラントウ)}香気のたつ美しいろうそく。

【蘭石】ランセキ🔗🔉

【蘭石】ランセキ 蘭の芳香と石のかたさ。人のうまれつきの性質や節操がりっぱなことのたとえ。

【蘭藻】ランソウ🔗🔉

【蘭藻】ランソウ 美しい文章のたとえ。

【蘭台】ランタ゛イ🔗🔉

【蘭台】ランタ゛イ 地名。春秋時代、楚(ソ)王が宋玉(ソウキ゛ョク)と遊んだ所。湖北省鍾祥県付近という。 春秋時代、楚王の宮殿の名。 漢代、宮中の蔵書所のこと。のち蘭台令史をおく。 唐代、秘書省のこと。「蘭台七八人、出処与之倶=蘭台七八人、出処これと倶にす」〔白居易・常楽里閑居〕 御史台の別名。 班固のこと。▽蘭台令史であったことから。 史官のこと。

【蘭亭】ランテイ🔗🔉

【蘭亭】ランテイ 亭の名。浙江(セッコウ)省紹興県の西南にある。晋(シン)の穆帝(ホ゛クテイ)の永和九年(三五三年)三月三日、王羲之(オウキ゛シ)が当時の名士四十一名と会し、曲水の宴を開いた所。

学研漢和大字典 ページ 5987