複数辞典一括検索+

【燧石】スイセキ🔗🔉

【燧石】スイセキ 火打ち石。

【燧烽】スイホウ🔗🔉

【燧烽】スイホウ のろし。

【燥】🔗🔉

【燥】 【燥】(拡) [常用漢字] 火部 13画 総画数 17画 第1水準 区点=3371 16進=4167 シフトJIS=9187 Unicode=71E5 《常用音訓》 ソウ 《音読み》 ソウ(サウ)[呉][漢](上)皓 《ピンイン》(zào) 《訓読み》 かわく 《意味》 {動詞・形容詞}かわく。かわいて軽くなる。熱気が上へのぼってかわく。また、そのさま。《対語》⇒湿。《類義語》⇒。「乾燥」「唇焦舌燥=唇焦げ舌燥く」 《解字》燥 会意兼形声。右側の字(音ソウ)は「口三つ+木」の会意文字で、多くの鳥が木の上でやかましくさわぐこと。うわついて軽いの意を含む。燥はそれを音符とし、火を加えた字で、火気が軽くどんどんあがること。転じて、熱気が軽く上にたちのぼってかわくこと。 《単語家族》 藻(ソウ)(軽く上に浮く浮き草)・譟(ソウ)(うわついてやかましく話す)などと同系。 《参考》 「躁」の代用字としても使う。「焦燥」 燥 《熟語》《解字》《家族》

学研漢和大字典 ページ 4239