複数辞典一括検索+

【日域】ニチイキ・シ゛ツイキ🔗🔉

【日域】ニチイキ・シ゛ツイキ 日の出る所。▽昔、中国で朝鮮のことを呼んだことば。 《日本語での特別な意味》日本の別名。

【日烏】ニチウ🔗🔉

【日烏】ニチウ 太陽のこと。▽太陽の中に、三本足の烏(カラス)が住んでいるという伝説から。

【日暈】ニチウン🔗🔉

【日暈】ニチウン 太陽の回りに出るまるいにじのような光の輪。太陽のかさ。

【日午】ニチコ゛🔗🔉

【日午】ニチコ゛ 真昼のころ。「街東閑処住、日午熱時還=街東閑処に住まひ、日午熱時に還る」〔白居易・題新昌所居〕 《詩語》

【日常茶飯事】ニチシ゛ョウサハンシ゛🔗🔉

【日常茶飯事】ニチシ゛ョウサハンシ゛ 《日本語での特別な意味》ありふれた平凡な事がら。

【日暮】ニチホ゛・ヒク゛レ・ヒク゛ラシ🔗🔉

【日暮】ニチホ゛・ヒク゛レ・ヒク゛ラシ ㊀(ニチホ゛)・(ヒク゛レ)=日莫。暮れ方。夕方。 ㊁(ヒク゛ラシ)《日本語での特別な意味》 その日一日を暮らすこと。 朝から晩まで。一日じゅう。 せみの一種。 《詩語》

【日没】ニチホ゛ツ・ニチモツ🔗🔉

【日没】ニチホ゛ツ・ニチモツ ㊀(ニチホ゛ツ) 太陽が西に沈む。 日が暮れる。また、そのころ。 ㊁(ニチモツ)《仏教》六時の一つ。日暮れ時。夕方。また、そのときに行う勤行(コ゛ンキ゛ョウ)。

【日夜】ニチヤ🔗🔉

【日夜】ニチヤ 昼と夜。 昼も夜も。いつも。しじゅう。「日夜望将軍至=日夜将軍の至るを望めり」〔史記・項羽〕 《詩語》

【日用】ニチヨウ🔗🔉

【日用】ニチヨウ 日常用いる。ふだん使用すること。〔易経・繋辞上〕

【日輪】ニチリン🔗🔉

【日輪】ニチリン 太陽。

【日暦】ニチレキ🔗🔉

【日暦】ニチレキ {日記(ニッキ)・日誌(ニッシ)・日録(ニチロク)} 歴史の記録をつかさどる官吏が毎日の事がらをしるしたもの。 日々の出来事を書きしるすこと。また、その日の出来事を書きしるしたもの。 《俗語》日めくりのカレンダー。

【日華】ニッカ🔗🔉

【日華】ニッカ 日の光。 日本と中国。

【日貨】ニッカ🔗🔉

【日貨】ニッカ 日本製の商品。

【日角】ニッカク🔗🔉

【日角】ニッカク 額の中央の骨が隆起していること。身分の高い人の相とされる。〔後漢書・光武帝〕 人相術で、左の額のこと。

学研漢和大字典 ページ 3008