複数辞典一括検索+

【石尤風】セキユウフウ🔗🔉

【石尤風】セキユウフウ むかい風。▽唐以後、詩によく用いられたことば。石氏の娘が病死するとき、その夫の尤郎が行商に出かけて帰らないので、「自分は風になり世間の夫たちが遠くへいくのをやめさせよう」といったということから。▽一説に、「石尤」は愁の延音で、旅人がむかい風にあうと旅愁を感じるからともいう。〔江湖紀聞〕 《詩語》

学研漢和大字典 ページ 4835 での石尤風単語。