複数辞典一括検索+

【石】🔗🔉

【石】 【石】(拡) [常用漢字] [学習漢字 一年] 石部 0画 総画数 5画 第1水準 区点=3248 16進=4050 シフトJIS=90CE Unicode=77F3 《常用音訓》 セキ, シャク, コク, いし 《音読み》 セキ[漢], シャク, コク[慣], ジャク[呉](入)陌(昔) 《ピンイン》(shí) 《訓読み》 いし 《名付》 あつ, いし, いそ, いわ, かた, し 《意味》 ❶{名詞}いし。質のかたくつまったいし。「岩石」「隕石(インセキ)」 ❷{名詞}文字を刻んだ石碑。また、いしでつくった楽器。磬(ケイ)や石鼓など。「金石(古代の青銅器と石碑)」 ❸{形容詞}かたくて融通がきかない。働きがなくて不毛である。物が育たず、価値がない。「石田(作物が育たない田地)」「石女(うまずめ)」 ❹{単位詞}容量の単位。一石は十斗で、周代では一九・四リットル。▽現代はdànと読む。担(ひとかつぎの重さ)に当て、タンと読むことがある。また、斛(コク)に当て、コクと読む。 ❺{名詞}古代の漢方医学で、はり治療に用いた石のはり。石ばり。《類義語》⇒鍼(シン)。「鍼石(シンセキ)(金属や石のはり)」 《日本語での特別な意味》 ⓐ容量の単位。一石とは十斗のこと。 ⓑ昔、船の大きさの単位。一石は、十立方尺。 ⓒ材木の容積の単位。一石は十立方尺。 《解字》石 象形。がけの下に口型のいしのあるさまを描いたもの。 《単語家族》 碩(セキ)(充実したあたま)・妬(ト)(勘気がいっぱいにつまる)・貯(いっぱい)・堵(ト)(土をつめてかためる)などと同系。 《類義》 岩は、ごつごつしたいわ。 《参考》 「岩の小さなかけら。いし」の意味では、堅かったり価値がなかったりして役に立たないものにたとえることもある。 石 石(筆順)三つ寄せ石 《熟語》《難読》《解字》

学研漢和大字典 ページ 4830 での単語。