複数辞典一括検索+

【新井白石】アライハクセキ🔗🔉

【新井白石】アライハクセキ 《人名》《日本語での特別な意味》1657〜1725 江戸時代中期の学者・政治家。本名は君美(キミヨシ)、字(アサ゛ナ)は済美(サイヒ゛)、白石は号。木下順庵(シ゛ュンアン)に朱子学を学び、徳川家宣(イエノフ゛)に仕えて幕府の儒官となり、政治上の改革をした。著に『藩翰(ハンカン)譜』『読史余論』『西洋紀聞』『折たく柴(シハ゛)の記』などがある。

学研漢和大字典 ページ 2974 での新井白石単語。