複数辞典一括検索+

【帖】🔗🔉

【帖】 【帖】(拡) 巾部 5画 総画数 8画 第1水準 区点=3601 16進=4421 シフトJIS=929F Unicode=5E16 《音読み》 チョウ(テフ)[呉][漢], ジョウ(デフ)[慣](入)葉(帖) 《ピンイン》(tiē, tiè, tiě) 《訓読み》 かきもの, さだまる, さだめる, はる 《意味》 ❶{名詞}かきもの。薄い布や紙に書きつけたもの。▽竹や木の札に書いたのを簡・冊・籍などという。「書帖(ショチョウ)」 ❷{名詞}張り紙、書きつけ、短い通知状など。「春帖(シュンチョウ)(年はじめの対句を書いた聯(レン))」「柬帖(カンシ゛ョウ)(名刺の札)」 ❸{名詞}古人の文章を刻んだ石碑に、墨をぬり薄い紙を当て、たんぽでたたいて刷ったもの。石ずり。「蘭亭帖(ランテイチョウ)」「法帖(ホウシ゛ョウ)(手本にする石ずり)」 ❹{名詞}科挙(官吏登用試験)の試験の問題として抜き書きした短文。「試帖(シチョウ)(試験問題)」 ❺(チョウス)(テフス){動詞}さだまるさだめる(さだむ)。あるべき所に落ち着く。一つのことに腰をすえて落ち着く。「妥帖(タ゛チョウ)」 ❻{動詞}はる。薄いものをはりつける。▽貼(チョウ)(はる)に当てた用法。「金鍍眼睛銀帖歯=金もて眼睛に鍍し銀もて歯に帖る」〔白居易・西涼伎〕 《日本語での特別な意味》半紙や海草ののりなど、薄い物をまとめて数えることば。一帖(イチシ゛ョウ)は、半紙では二十枚、のりでは十枚。「半紙一帖」「のり一帖」 《意味》 の ❺はその原義を残した用法。ただし、帖は「巾+音符占」で、薄くぺらぺらした意を含む。 《解字》 形声。占は、うらなって一つのことをさだめること。 《単語家族》 牒(チョウ)(薄い板札)・蝶(チョウ)(羽の薄いちょう)・貼(テン)(薄くはりつける)などと同系。 《参考》 「帳」に書き換えることがある。「手帳」 《熟語》《難読》《解字》

学研漢和大字典 ページ 2054 での単語。