複数辞典一括検索+

【唐】🔗🔉

【唐】 【唐】(拡) [常用漢字] 口部 7画 総画数 10画 第1水準 区点=3766 16進=4562 シフトJIS=9382 Unicode=5510 《常用音訓》 トウ, から 《音読み》 トウ(タウ)[漢], ドウ(ダウ)[呉](平)陽(唐) 《ピンイン》(táng) 《訓読み》 から 《名付》 から 《意味》 ❶{名詞}王朝名。李淵(リエン)が隋(ス゛イ)を滅ぼしてたてた。二十代二百九十年間(六一八〜九〇七)続き、後梁(コウリョウ)に滅ぼされた。都は長安。李唐。 ❷{名詞}王朝名。五代の一つ。李存(勗)(リソンキョク)が後梁(コウリョウ)についでたてた。四代十四年で、後晋(コウシン)に滅ぼされた。後唐(コウトウ)ともいう。 ❸{名詞}五代十国の一つ。李(リヘ゛ン)が五代の末にたてた国。三代三十九年で、宋(ソウ)に滅ぼされた。南唐ともいう。 ❹{名詞}上古の帝尭(キ゛ョウ)のこと。▽尭の姓を「陶唐氏」といったことから。「唐虞(トウク゛)之際」〔論語・泰伯〕 ❺{動詞・形容詞}口を大きく開いていう。大言する。大きく、なかみのないさま。「荒唐無稽(コウトウムケイ)」 ❻{名詞}から。中国のこと。▽唐代は国威の輝いた時代なので、唐の滅亡後も外国では中国を唐といい、中世以降の中国人もまた唐人と自称することがある。▽「から」という訓は、韓(カン)のなまりという。「唐餐(トウサン)(中国料理)」「唐話(トウワ)(中国語)」「唐衣(カラコロモ)」 ❼{名詞}つつみの上の道。▽塘に当てた用法。 ❽{動詞・形容詞}ぶらつく。とりとめのないさま。▽蕩に当てた用法。「唐子(=蕩子)」 《解字》 会意。「口+庚(ぴんとはる)」で、もと、口を張って大言すること。その原意は「荒唐」という熟語に保存されたが、単独ではもっぱら国名に用いられる。「大きな国」の意を含めた国名である。 唐 《熟語》《難読》《解字》

学研漢和大字典 ページ 1143 での単語。