複数辞典一括検索+

諍いをしいしい腹を大きくし(いさかいをしいしいはらをおおきくし)🔗🔉

諍いをしいしい腹を大きくし(いさかいをしいしいはらをおおきくし) 仲の悪い夫婦なのに子供だけはよくできるということ。 [英語例]Biting and scratching gets the cat with kitling. (RUB:ERUB:Sかんだり引っRUB:ERUB:Sかいたりしながら猫に子猫をはらませる──kitlingは子猫の方言)

いざ鎌倉(いざかまくら)🔗🔉

いざ鎌倉(いざかまくら) さあ大変だ、一大事だという場合。 [注釈]鎌倉時代、非常事態が起こり、諸国の武士が幕府の非常召集を受けて、鎌倉へRUB:E馳RUB:Sはせ参じようとしたことから。 [用例]こんな防火設備では、いざ鎌倉というときに役に立たない。

砂長じて巌となる(いさごちょうじていわおとなる)🔗🔉

砂長じて巌となる(いさごちょうじていわおとなる) きわめて長い生命を保つこと、長く栄えることのたとえ。また、取るに足りない小さなものでも、たくさん集まれば価値の高いものになることのたとえ。 [注釈]細かい砂粒が大きな岩石になる意から。昔は、小石が成長して岩になると考えられていた。 [類句]RUB:E塵RUB:Sちりも積もれば山となる

石臼を箸に刺す(いしうすをはしにさす)🔗🔉

石臼を箸に刺す(いしうすをはしにさす) 無理難題を言うたとえ。 [注釈]石臼を箸で刺すことなど、とうてい不可能なことから。

石が流れて木の葉が沈む(いしがながれてこのはがしずむ)🔗🔉

石が流れて木の葉が沈む(いしがながれてこのはがしずむ) 逆さま、あべこべであるたとえ。 [注釈]沈むべきはずの石が流れ、浮いて流れるはずの木の葉が沈んでしまう意から。 [出典]『RUB:E新語RUB:Sしんご』弁惑 [類句]石が浮かんで木の葉が沈む/朝日が西から出る [英語例]when the sun rises in the west and sets in the east (太陽が西に登り東に沈むとき)

石地蔵に蜂(いしじぞうにはち)🔗🔉

石地蔵に蜂(いしじぞうにはち) なんとも感じないことのたとえ。 [注釈]石地蔵を蜂が刺しても、痛くもかゆくもないことから。 [類句]牛の角を蜂が刺す

学研故事ことわざ辞典 ページ 56