複数辞典一括検索+

付け焼き刃(つけやきば)🔗🔉

付け焼き刃(つけやきば) 一時しのぎにあわてて身につけたものは、結局、それだけのもので、すぐぼろが出るということ。 [注釈]なまくらな刀にRUB:E鋼RUB:Sはがねの焼き刃を付けてもすぐに使い物にならなくなることから。「付け焼き刃はなまりやすい」「付け焼き刃ははげやすい」ともいう。 [用例]付け焼き刃の知識で、とんだ恥をかく。

辻褄を合わせる(つじつまをあわせる)🔗🔉

辻褄を合わせる(つじつまをあわせる) 筋道が合うようにする。 [注釈]「辻褄」は着物の縫い目や合わせ目のことから転じて、ちゃんと合うべきことの筋道の意。 [用例]事前に打ち合わせておいて、なんとか話の辻褄を合わせる

土一升に金一升(つちいっしょうにかねいっしょう)🔗🔉

土一升に金一升(つちいっしょうにかねいっしょう) 土地の値段がきわめて高いことのたとえ。 [注釈]土一升が金一升に相当する意から。 [用例]このあたりは土一升に金一升の土地だよ。

槌で庭掃く(つちでにわはく)🔗🔉

槌で庭掃く(つちでにわはく) 急な来客に、大あわてで懸命にもてなしの支度をするたとえ。 [注釈]「RUB:E才槌RUB:Sさいづちで庭を掃く」「RUB:E横槌RUB:Sよこづちで庭を掃く」ともいう。 [類句]RUB:E杓子RUB:Sしゃくしで芋を盛る

土に灸(つちにきゅう)🔗🔉

土に灸(つちにきゅう) いくらやってみても効き目のないこと、むだなことのたとえ。 [類句]石に灸RUB:E糠RUB:SぬかにRUB:E釘RUB:Sくぎ

土仏の水遊び(つちぼとけのみずあそび)🔗🔉

土仏の水遊び(つちぼとけのみずあそび) 無謀なことをして、自分で自分を滅ぼすことのたとえ。 [注釈]土で作った仏が水遊びをしたら、溶けてしまう意から。「土人形の水遊び」ともいう。 [英語例]The person that has a head of wax must not walk in the sun. (RUB:E頭RUB:Sろうあたまの者はRUB:E日向RUB:Sひなたを歩くべからず)

学研故事ことわざ辞典 ページ 538