複数辞典一括検索+

月夜に背中焙る(つきよにせなかあぶる)🔗🔉

月夜に背中焙る(つきよにせなかあぶる) やり方が見当はずれだったり、まわりくどかったりして、まるで効果がないことのたとえ。 [注釈]月の光で背中を温めようとしても、どだいむりなことから。 [類句]灯明でRUB:E尻RUB:Sしりを焙るRUB:E遠火RUB:Sとおびで手を焙る

月夜に提灯(つきよにちょうちん)🔗🔉

月夜に提灯(つきよにちょうちん) 無益なこと、不必要なことのたとえ。 [注釈]月夜に提灯は要らないことから。「月夜に提灯夏火鉢」と続けてもいう。 [英語例]to carry a lantern in midday (昼間にランプを持っていく)

月夜に提灯も外聞(つきよにちょうちんもがいぶん)🔗🔉

月夜に提灯も外聞(つきよにちょうちんもがいぶん) 必要がなく、むだなことではあっても、世間に対するRUB:E見栄RUB:Sみえのためにはしなければならないこともあるということ。 [注釈]月の明るい夜にわざわざ提灯をともすのも、世間の聞こえをよくするためには仕方がないという意から。

月夜の蟹(つきよのかに)🔗🔉

月夜の蟹(つきよのかに) 中身がからっぽな人のたとえ。 [注釈]月夜にとれる蟹は、RUB:E甲羅RUB:Sこうらばかりで身が少ないとされることから。 [英語例]to have no ink in one's pen (ペンにはインクがない──中身が入っていない)

月夜も十五日、闇夜も十五日(つきよもじゅうごにち、やみよもじゅうごにち)🔗🔉

月夜も十五日、闇夜も十五日(つきよもじゅうごにち、やみよもじゅうごにち) 人の世には、よいときもあれば悪いときもあるたとえ。人生は悲観したものではないことをいう。 [類句]月夜半分、闇半分

月を指せば指を認む(つきをさせばゆびをみとむ)🔗🔉

月を指せば指を認む(つきをさせばゆびをみとむ) 道理を説いても、文字やことばにこだわって、たいせつな全体の意味を理解しないたとえ。 [注釈]仏教で、月を仏法に、指を教義にたとえていったことば。月を指さして教えているのに、月を見ないで指ばかり見ている意から。

学研故事ことわざ辞典 ページ 537