複数辞典一括検索+

声涙、に下る(せいるい、ともにくだる)🔗🔉

声涙、に下る(せいるい、ともにくだる) 感情が激し、涙ながらに語るようす。 [注釈]声と涙がいっしょになって流れ下る意から。 [出典]『RUB:E晋書RUB:Sしんじょ』RUB:E王彬RUB:Sおうひん

精励恪勤(せいれいかっきん)🔗🔉

精励恪勤(せいれいかっきん) 任務や職務に精を出して、まじめに勤め励むこと。 [注釈]「精励」も「恪勤」も忠実に勤めること。 [用例]精励恪勤して定年を迎える。

清廉潔白(せいれんけっぱく)🔗🔉

清廉潔白(せいれんけっぱく) 私利私欲がなく、心が清らかで、うしろ暗いところがまったくないこと。 [注釈]「清廉」は心やおこないが清く正しいこと。 [用例]彼はわいろなど絶対に受けつけない清廉潔白な役人だ。

生を偸む(せいをぬすむ)🔗🔉

生を偸む(せいをぬすむ) なんらなすことなく、ただいたずらに生きている。 [注釈]「生」は生命・生活のこと。「偸む」はむさぼる意。 [出典]『RUB:E楚辞RUB:Sそじ』RUB:E卜居RUB:Sぼっきょ [用例]生を偸む自堕落な暮らし。

せかせか貧乏、ゆっくり長者(せかせかびんぼう、ゆっくりちょうじゃ)🔗🔉

せかせか貧乏、ゆっくり長者(せかせかびんぼう、ゆっくりちょうじゃ) 一生懸命働けば豊かになるかというと、必ずしもそうとばかりはいえないということ。 [注釈]忙しそうに毎日せかせか働いていても、いつまでたっても貧乏な人もいれば、ゆったり構えているのに豊かな人もいるということから。

積悪の家には必ず余殃あり(せきあくのいえにはかならずよおうあり)🔗🔉

積悪の家には必ず余殃あり(せきあくのいえにはかならずよおうあり) 先祖が悪事を積み重ねてきた家には、その報いとして、必ず子孫にまでわざわいが起こる。 [注釈]このあとに「積善の家には必ずRUB:E余慶RUB:Sよけいあり」と続く。 [出典]『RUB:E易経RUB:Sえききょう』RUB:E坤RUB:Sこん

学研故事ことわざ辞典 ページ 446